こんばんは

最近登場率高めのスタッフSです

先日休みを利用して、

千葉市にあります千葉ポートパークに

行って参りました(1人で)

別に彼女に振られた(相手すらいない)とか

そんなのじゃなくボーッとするのが好きで

ちょこちょこ行っています(1人で)

周りから変な目で見られるリスクはありますし、

見渡せばカップルばっかですが、

いい気分転換になりますので、

「1人ポートパーク」

おススメです。

下はポートパークの写真です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

さて、そんな本日は

ベルギー軍のブラッシュカモパンツを

沢山ストック出来ましたので

ご紹介致します。

DSC_0038

因みに入って来たのは、

1955年製、1956製

この二つのパンツに違いが何点かありましたので

そこにも注目して紹介していきたいと思います。

P3130001

1955’s BELGIUM ARMY BRUSH CAMOUFLAGE OVER PANTS

オーバーパンツの為、

勿論極太シルエット

90年代ブームの今にピッタリ

アメリカとはまた違った

独特なカモが良いですね。

P3130002

 

P3130003

1956’s BELGIUM ARMY BRUSH CAMOUFLAGE OVER PANTS

続いて、

翌年の1956年製

一年違うだけでかなり

仕様が異なり、

面白いなと

P3130004

 

P3130006

↑1955製

 

P3130007

↑1956製

比べると

股下のマチの有無

P3130008

↑1955製

P3130009

↑1956製

こちらも比べると一目瞭然ですね。

フライ自体がない物、

ボタンフライの物とで

P3130010

↑1955製

P3130011

↑1956製

分かりずらいかなと思いますが、、、

ダブルニーの継ぎ目の位置が、

全然違いますね

P3130012

こちらダブルニーのアップ

↑1956製です。

1956年製の方がダブルニーの面積が

多いです。

P3130013

↑1955製

P3130014

↑1956製

サイドに付くフラップ

ポケットのボタンホールが

むき出しかどうかの違い等々

沢山違いがあります。

P3130015

他に、スリットポケットや

P3130016

ヒップ部分等

共通する部分も何個かありました。

ではここからこの

ブラッシュカモパンツを

使ったコーディネートと着用

アイテムのご紹介。

 

 

P3130018

 

●FRUIT OF THE LOOM BIG SWEAT

まさに今のシルエット。

3XLで肩を落として。

これからスウェット一枚で外に出れる

季節がきますね。

P3130004

フロントは前Vというのも

ポイントが高いですね

P3130005

 

P3130009

では着用

 

DSC_0034

 

キャップに、トップス、ボトムスともに大きく

90’sのノリで

裾は大きめのロールアップで

P3130023

●SILK STAND COLLAR L/S SHIRTS

シルク素材の

色も暗くて良い感じです

ポイントは

前立てが、左合わせ!

大体この手のシャツは、

右前の物が多いので、

貴重な一枚かと

それでいて、

左合わせだと基本ラウンドシルエットが多いので

BOXシルエットもまた珍しいかなと

P3130025

 

P3130027

 

P3130028

 

P3130029

脇下の合わせ部分の縫製は

巻き縫いと手の凝った一枚ですね

では着用

DSC_0018

 

スタッフTはパンツの裾を絞って着用

また印象が違いますね。

はいっ!!

本日はここまで!

メリでしたー!

 

WEBSTORE